フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛とは?

多くの脱毛エステで採用されている、フラッシュ脱毛のしくみについてお話しします。

 

ムダ毛に限らず、人体に生えている毛は、毛が太く長く伸びていく「成長期」、毛が成長しきって毛根との結合が弱くなる「退行期」、毛根との結合が切れて抜け落ちる「休止期」という状態を繰り返しています。この周期を毛周期といいます。毛穴の周りには、毛が成長するための栄養を補給する「毛母細胞」と「毛乳頭」という組織があるのですが、フラッシュ脱毛は、この毛母細胞と毛乳頭を死滅させることで、ムダ毛を再生しにくくするという脱毛方法になります。

 

ムダ毛に、黒い色に反応して熱を発する特殊な光を照射すると、毛を伝わった熱エネルギーが、毛穴周辺の毛母細胞と毛乳頭を破壊します。ただ、完全にすべての細胞を破壊することはできませんので、再び毛穴からは新しい毛が生えてくることになりますが、それは以前よりも、細くて小さなものとなります。そこで再び照射を行うと、だんだんと毛母細胞が減ってゆき、毛穴が収縮して、ムダ毛のないツルツルの肌になっていく、というわけなのです。

 

毛が太く、毛根にしっかりと根付いている状態のほうが、熱エネルギーが伝わりやすいため、照射はムダ毛の成長期にあわせて行うのが一般的です。毛の成長期がやってくるサイクルは、ムダ毛の生える部位によって様々ですが、ワキやビキニラインであれば4カ月、腕や脚なら3カ月〜半年とされています。た

 

だ、すべての体毛が同じタイミングで毛周期を繰り返すのではなく、ある毛は成長期だけれど、別の毛は退行期に入っているという状態ですので、脱毛サロンでは、もっとも多くの毛が成長期を迎えているというタイミングで照射を行うことになります。

 

私は、長年の自己処理の末に、銀座カラーでのフラッシュ脱毛を決心しましたが、それまでの自己処理の影響で、毛周期が完全にバラバラになってしまっており、完全にきれいになるまでに、ずいぶん時間がかかりました。

 

いずれフラッシュ脱毛を、と考えている人には、毛周期を狂わせることのないような自己処理方法を選んでおくことをおすすめします。